1. 広域変調波EMSの株式会社モンスターズ
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 【整骨院のSNS集客】それぞれの特長を知って、SNSを上手く活用!

お役立ちコンテンツ

【整骨院のSNS集客】それぞれの特長を知って、SNSを上手く活用!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【整骨院のSNS集客】それぞれの特長を知って、SNSを上手く活用!

最近は、集客や販促にSNSを活用している整骨院が増えてきています。

しかし、SNSと言っても様々なツールがありますよね。
何を使ったらいいのかわからない。アカウント登録したけど活用できていない。といった方もいるのではないでしょうか。

今回は、整骨院で集客や販促にSNSが注目されている理由や、SNS別の特徴、SNS運用を成功させるポイントについてご紹介します。



1.ホームページがあるのになぜSNS?

見てもらう機会を増やすのにはSNSが有利

「せっかくお金をかけてホームページを制作したのに!なんでSNSが大事なの?」「ホームページだけ更新すれば良いんじゃない?」と思う方もいるのではないでしょうか?

これはWEB広告でも言えることですが「単純接触法則(ザイアンスの法則)」が関係します。
接触回数が多いものほど、よく知っていると思い込み、良い印象を持ちやすくなります。

日常生活においてSNSの利用は当たり前となっています。SNSの方がホームページよりも拡散性が高いことから、多くの企業でもSNSを活用するようになりました。

単純接触法則とは?
興味がなかったり、専門外の分野の物でも、頻繁に目に触れる機会があった場合、その対象への警戒心や恐怖心が薄れ、良い印象を持つようになるという効果。

 

2.日本のSNS普及率は80%に到達する時代へ

日本国内におけるSNSの利用者(アクティブユーザー)は年々増加しています。
以前、SNSの利用は10代~20代の若年層がメインでした。ですが、今はSNSの利用が当たり前になってきたことで、40〜60代以上の年齢層にもSNSの利用が拡大しています。

このまま普及が進めば、SNSの利用者数は2020年末には7,937万人。ネットユーザー全体に占める利用率は78.7%に達する見通しです。

引用:ITC総研「2018年度 SNS利動向に関する調査」

 

3.主要SNSではLINEが単独トップ

引用:ガイアックスソーシャルメディアラボ「2020年4月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ」

 

メッセンジャー機能を主とするLINEが単独1位をキープしています。(※2位のTwitterは2017年以降、アカウント数に関する発表を行っていません。)

ここで注目したいのが、Instagramの急伸とFacebookのユーザー離れです。
2019年内にInstagramはFacebookの月間アクティブユーザー数(MAU数)を抜きました。以降、国内でのInstagramの拡大に注目が集まります。

4.SNS別の特徴

実際にSNSを集客・販促に活用する上で、主要SNS(LINE、Twitter、Instagram、Facebook)の特徴をおさえることが大切です。

各SNSを分かりやすく例えているサイトがありました。イメージが沸きやすいのでご紹介します。

LINE→メールorチラシ
Twitter→回覧板
Instagram→雑誌
Facebook→学級通信

引用:デジラボ「店舗・企業のSNS集客担当者必見!SNS活用上手な使い分け方」




LINE

POINT
  • 幅広い年齢層が利用
  • アクティブユーザーは7600万人(2019年時点)
  • 情報拡散力が低いが、情報伝達力に優れている
  • リピート集客に有効


最近、整骨院で急増しているのがLINE公式の活用です。
1対1でのコミュニケーション機能を活用して、予約取りにLINEを使用する整骨院も多いようです。

お友達登録してもらったユーザーには、キャンペーン情報やクーポン、予約状況などを発信することが望ましいでしょう。
ユーザーにとって有益な情報を発信することが重要です。

LINE公式アカウント(旧LINE@)とは
キャンペーンやイベントに関するメッセージを送る機能、1対1のコミュニケーション機能、ホームページを制作する機能、クーポン機能など、複数の機能があります。

 

Twitter

POINT
    • 若年層が多い
    • アクティブユーザーは4500万人(2019年時点)
    • 男女比はおおよそ同じ
    • 投稿フォードは、時系列順に表示
    • 拡散力はSNSの中でNo1
    • ラフ・ユーモアのある投稿のほうが受ける傾向がある


他のSNSと大きく違う点は、ズバリ「リツイート機能」です。
友達(フォロワー)という枠を飛び越え、一切関わりがない人のところまで情報を拡散する(バズらせる)ことができます。

Instagram

POINT
    • 女性の利用率が高い
    • 20~40代の利用が多い
    • アクティブユーザーは2900万人(2019年時点)
    • 画像や動画の見せ方が重要
    • 投稿フィードは、関連性や投稿の質順に表示
    • 最近は24時間で消えてしまうストーリーズ機能が人気


Instagramでは、FacebookのシェアやTwitterのリツイートに当たる機能がありません。なので、「#(ハッシュタグ)」を上手く入れ、投稿を見てくれるユーザーが増えるように工夫する必要があります。
また、投稿時のURLリンク機能がありませんので、投稿からホームページに飛んでもらうことができません。投稿で完結できることも重要です。

Instagramは、女性ユーザーが多いので、「女性向けのサービスや商品に力を入れている」整骨院は、活用を検討しても良いでしょう。

ラフに投稿ができるストーリーズ機能に注目

2016年に登場した機能「ストーリーズ」では、アクティブアカウントの約70%が利用。1日あたり700万件を超えるストーリーズ投稿がシェアされています。
ストーリーズは、逆時系列順に表示されるので、頻繁に更新することでユーザーの目に留まる可能性が高くなります。

Facebook

POINT
    • ビジネス利用のアカウントが多い
    • アクティブユーザーは約2800万人(2019年時点)
    • 男性の利用率が高い
    • ラフな投稿よりも、信頼性の高い投稿のほうが受ける傾向
    • 投稿フィードは、関連性や投稿の質順に表示


Facebook上で、友達になっている人は、実世界でのつながりがある人が多いのが特長です。

「年齢が高い層を顧客として見込んでいる」整骨院は活用を検討しても良いでしょう。
フレンドリー感やオシャレ感を演出したい場合は、他のSNSを優先した方がいいかもしれません。

Facebookにも2017年にストーリーズ機能が登場しました。まだInstagramほどの利用率ではないですが、これから利用率が上がることが期待されます。

5.SNS活用の目的(目標)

SNSも今では立派な集客・販促ツール

SNSを活用するにあたり、目的(目標)を持つことはモチベーションして必要です。

競合がたくさんいる中で効果を出していくためには、自身の院・店舗にはどのSNSが適しているかを考える必要があります。どのSNSを活用するかの検討材料の1つとして、まずは、各ユーザー層を参考にすることが大切です。

SNSでできること
①集客・販路の拡大
②商品・キャンペーン情報の拡散
③ファンの獲得

6.SNS運用を成功させるには

担当者をつける

複数の人が投稿することで「キャラのブレ」が生じる可能性があります。SNS上にファンがいた場合、この「キャラのブレ」がファン離れにつながることもあるかもしれません。

担当者をつけていれば、SNSに何か変化があったときも即時に対応できます。

優先度をつける

複数のSNSを運用する場合は、優先度を決めなければいけません。
運用には「時間と手間」がかかります。相性が良くないSNSに力を入れても効果が出ず、モチベーション低下につながる危険性があります。優先度はつけておきましょう。

共感される投稿をする

インターネット上では一方的ではなく、相互のコミュニケーションが重視される傾向があります。拡散を狙うためには、共感が得られるものを投稿することが大切です。

放置アカウントはNG

長い間更新がされていないSNSは、見ている人に不安感を与えてしまいます。更新を続ける自信のないSNSは、最初から作らないほうがいいかもしれません。
そのためにも、優先度をつけることが大切なのです。

7.まとめ

SNSの使い方次第では、集客アップにつなげることが期待できます。
もちろんメリットだけではなく、運用の手間や炎上のリスクなどのデメリットもありますが、運用ルールなどを初期段階で設定することでリスクを減らすことができます。

SNSは、無料で始められるものがほとんどです。
まだSNSを利用していない整骨院でも、今回ご紹介した、各SNSの特徴を参考に、自身に合ったツールを検討してみてはいかがでしょうか。


無料資料ダウンロード

買ってもらえる回数券トーク集

EMSトレーナー直伝!回数券トーク集

無料ダウンロード

初回接客ハンドブック

EMS初回接客ハンドブック【基本編】

無料ダウンロード

入り込みサポート
「トレくる」

株式会社モン・スターズでは、業界唯一の入り込み導入サポート「トレくる」をご用意しています。
EMS専門スタッフが接客代行を行い、長期的に安定したEMS運用を図るためのノウハウを直接伝授!

無料機器体験実施中

株式会社モン・スターズの広域変調波EMSコアレ(core-re)の無料機器体験をご希望の方はこちらのフォームよりご予約ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

EMSに関するお役立ち情報

製品に関する情報や、EMSを活用するための必要なノウハウ等が無料でダウンロードできます。

資料をダウンロードする

ご質問やお問い合わせはこちら

製品が気になる方、機器体験をご希望方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせする

機器体験を予約する

お電話からのお問い合わせはこちら

03-6273-2261

受付時間 10:00~18:00(土日・祝日除く)